SHINee Love Like Oxygenの掛け声、和訳、歌詞を覚えよう

SHINee Love Like Oxygenの掛け声、和訳、歌詞を覚えよう

SHINeeメンバー

Love Like Oxygenは、2008年8月28日に発売されたファーストフルアルバムのThe SHINee Worldに収録されている曲です。

 

SHINeeのLove Like Oxygenの掛け声と和訳と歌詞を覚えてみてください。

 

掛け声は、赤文字で書いています。

 

スポンサーリンク

 

Love Like Oxygenの掛け声と歌詞

 

 

っとろじょ ってじLどぅたん とぅみょんgはん ねげ

 

キム ジョンヒョン

 

たLこまん とんむる ぽじどぅっ

 

キム ジョンヒョン

 

はやっけ おろぶとぅん ね おれん さんgちょが

 

イ ジンギ

 

のえ がすm そっ きpけ ぽじょど

 

キム キボム

 

ちゃぶん とぅっ たL って ぱごどぅぬん

 

イ テミン

 

くろめ びぬL なLかろうm

 

チェ ミノ

 

さんそ がとぅん の

 

シャイニ

 

なん のまん どぅりすぃみょん

 

たし ねべとぅL す おpそ

 

い じゃにんなん ことんg そげ

 

ねが ちゅごがご いっちゃな

 

ちゃがpこ しりどろk とぅみょんgはん のるL

 

イ ジンギ

 

ましご っと ましょ ぼぁど

 

キム キボム

 

はやっけ じLりどろk たLりょおん ごんまんくm

 

キム ジョンヒョン

 

のらん さらんgえ もぎ まLら

 

キム ジョンヒョン

 

ちゃぶん どぅっ たるて すみょどぅぬん

 

イ テミン

 

そぽえ すpきょk い ぶどぅろうm

 

チェ ミノ

 

さんそ がとぅん の

 

シャイニ

 

なん のまん どぅりすぃみょん

 

たし ねべとぅL す おpそ

 

い じゃにんなん ことんg そげ

 

ねが ちゅごがご いっちゃな

 

おるm がっとん さらんg たLこmへっとん ごとんg

 

むLぎょL がっとん なえ じんしむん

 

おるm がっとん ゆほk たLこんへっとん ぬんむL

 

あるmだpけ なL ちゅぐむろ

 

さんそ がとぅん の

 

なん のまん どぅりすぃみょん

 

たし ねべとぅL す おpそ

 

い じゃにんなん ことんg そげ

 

ねが ちゅごがご いっちゃな

 

っちっきょじん とぅたん ね さらんgえ あぷm

 

い とかん するぷm っけじょ ぼりん

 

なえ おるm そげ ふるぬん ぬんむL

 

ならが ぼりん きょLぐk なL ぼりん

 

なるL かLらぼりん じどかん ひゃんgぎ

 

くで おpしん すみ まきょ

 

かLすろk じちょ

 

のん さんそ がた ねげ

 

さんそがとぅん さんそがとぅん さんそがとぅん の

 

さんそがとぅん さんそがとぅん さんそがとぅん の

 

さんそがとぅん さんそがとぅん さんそがとぅん の

 

さんそがとぅん さんそがとぅん さんそがとぅん の

 

さんそがとぅん さんそがとぅん さんそがとぅん の

 

スポンサーリンク

 

Love Like Oxygenの和訳

 

落ちて割れそうな透明な君に

 

甘美な毒が広がるように

 

白く凍りついた僕の古い傷が

 

君の胸の奥深くに広がっても

 

つかんだようなとき深く入り込んでも

 

クロムの鱗 鋭さ

 

酸素のような君

 

僕は君を吸い込んだら

 

二度と吐き出せない

 

この残忍な苦痛の中で

 

死んで行ってるんだよ

 

冷たくて冷えるほど透明な君を

 

飲んでまた飲んでみても

 

白くうんざりするほど駆けつけるくらい

 

君という愛に喉が渇く

 

つかんだようなとき 染み込む

 

硫酸の襲撃 この柔らかさ

 

酸素のような君

 

僕は君を吸い込んだら

 

二度と吐き出せない

 

この残忍な苦痛の中で

 

死んで行ってるんだよ

 

氷のようだった愛 甘美だった苦痛

 

波のようだった 僕の誠意は

 

氷のようだった誘惑 甘美だった涙

 

美しく僕を死へ

 

酸素のような君

 

僕は君を吸い込んだら

 

二度と吐き出せない

 

この残忍な苦痛の中で

 

死んで行ってるんだよ

 

引き裂かれたような 僕の恋の痛み

 

この毒々しい悲しみが割れてしまった

 

僕の氷の中で流れる涙

 

飛んでしまった 結局僕を捨てた

 

僕を裂いてしまった強い香り

 

君なしじゃ息がつまる

 

どんどんくたびれて

 

君は酸素みたいだ 僕にとって

 

酸素みたいな 酸素みたいな 酸素みたいな君

 

酸素みたいな 酸素みたいな 酸素みたいな君

 

酸素みたいな 酸素みたいな 酸素みたいな君

 

酸素みたいな 酸素みたいな 酸素みたいな君

 

酸素みたいな 酸素みたいな 酸素みたいな君

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

スポンサーリンク